平成30年1月からの給与計算は注意!?

税務署より年末調整関係書用紙が送られてくる季節になりました。介護事業所の経理担当者の方は年末調整の準備に取り掛かられているのではないでしょうか。平成30年の扶養控除等申告書も影響するのですが、来年度より配偶者控除等が改正されます。今までは給与収入が103万円以下(合計所得38万円以下)の配偶者が配偶者控除の対象となりましたが、改正により給与収入が150万円以下(合計所得85万円以下)の配偶者が38万円控除の対象(申告者本人の給与収入1,120万円以下、合計所得900万円以下の場合)となりました。

平成29年分の年末調整には影響しませんが、平成30年1月の給与計算より、今まで配偶者の給与収入が103万円を超えていて扶養家族でカウントできなかった人でも150万円以下(申告者本人の給与収入1,120万円以下、合計所得900万円以下の場合)の場合は、扶養家族1人とカウントできますのでご注意ください。

相談無料
スマートフォンならタッチで電話できます
介護事業に関するご相談・お見積り・お問い合わせ
京都宇治の「黒瀬税理士事務所」まで。
フリーダイヤル
メール