介護医療院の名称の特例のルール案が示されました!

介護医療院は介護保険法に基づく施設となり、医療法に基づく病院や診療所ではありません。そのため、現在までは医療機関が介護医療院に転換する場合であっても、「〇〇病院」「〇〇クリニック」など転換前の病院や診療所名を使用できませんでした。しかし、病院名等が既に地域に定着している、地域住民から見ても引き続き医療が提供されることなどから、医療機関からの強い要望もあり、特例として「病院や診療所から転換する介護治療院に限定して、転換前のの病院や診療所の名称を含めることを認める」という措置を法律により定める方向性を示されました。


厚生労働省のサイトより

改正法の施行は平成30年4月1日よりです。詳細な内容は厚生労働省のサイトでご確認してください。

相談無料
スマートフォンならタッチで電話できます
介護事業に関するご相談・お見積り・お問い合わせ
京都宇治の「黒瀬税理士事務所」まで。
フリーダイヤル
メール