積極的な高年齢者の継続雇用をお考えの方に

介護スタッフの確保は年々厳しさを増していますが、皆さまの事業所ではいかがでしょうか?

新卒者などの採用が難しいとなれば、現在、勤務されている職員の方に少しでも長く働き続けて
頂くことが大切になってくるわけですが、とりわけ高年齢者である職員を継続雇用する際に
知っておきたい制度があります。

次のいずれかの措置を実施した事業主に対して助成するという制度です。

(1)65歳以上への定年引上げ
(2)定年の定めの廃止
(3)希望者全員を66歳以上の年齢まで雇用する継続雇用制度の導入

助成金は労働協約又は就業規則により実施した措置の内容に応じて次の額が支給されます。

(1)65歳への定年の引上げ 100万円
(2)66歳以上への定年の引上げ又は定年の定めの廃止 120万円 
(3)希望者全員を66歳から69歳までのいずれかの年齢まで雇用する継続雇用制度の導入 60万円
(4)希望者全員を70歳以上の年齢まで雇用する継続雇用制度の導入 80万円

助成金を受けるためには、雇用関係助成金共通の要件などいくつかの受給要件があります。
詳しくは、厚生労働省のHPをご覧ください。

厚生労働省HP 65歳超雇用推進助成金

相談無料
スマートフォンならタッチで電話できます
介護事業に関するご相談・お見積り・お問い合わせ
京都宇治の「黒瀬税理士事務所」まで。
フリーダイヤル
メール