配偶者控除が変わる!

皆さんこんにちは、1月があっという間に過ぎ去り、早くも立春を迎えようとしているこの時期、
個人事業者の方々にとっては、確定申告の準備に忙しい時期でもありますね。

そんな個人事業者、サラリーマンの方々のご家庭に、大きく影響してくる内容が盛り込まれた、
平成29年度税制改正大綱が、昨年12月に閣議決定されました。

女性や若者の活躍を進める「一億総活躍社会」の実現に向けての取り組みで最大の焦点となったのは、
配偶者の年収上限を現行の103万円から150万円へ引き上げられることとなる配偶者控除の見直しです。

この見直しで、働く主婦の前に立ちはだかるいわゆる「103万の壁」を大きく引き上げた形となりました。
ただし、注意が必要なのは、税収減を防ぐため配偶者控除を受ける者の所得制限を設定しているという点です。

例えば、こんな具合に控除額が減少します。

夫の合計所得金額が900万円以下       → 配偶者控除38万円
         900万円超950万円以下  → 配偶者控除26万円
         950万円超1,000万円以下 → 配偶者控除13万円

ちなみに、合計所得金額とは、給与収入金額から給与所得控除額を控除した金額をいいます。
なお、合計所得金額が1,000万円を超える場合については配偶者控除の適用はありません。

これらを含む幾つかの税制上の改正により、「働きたいけど働けない」という問題を抱える人達への環境を
整備しようという取り組みが始まりましたが、一方では、社会保険加入に関する「106万円の壁」
「130万円の壁」は依然として存在しています。

この改正を機に働き方を見直そうと考えている方々は、この辺ちょっと注意が必要かもしれません。

相談無料
スマートフォンならタッチで電話できます
介護事業に関するご相談・お見積り・お問い合わせ
京都宇治の「黒瀬税理士事務所」まで。
フリーダイヤル
メール