「厳格化傾向にある実地指導対応セミナー」を開催しました

介護事業経営研究会・京都宇治支部

先日、宇治商工会議所において、当事務所主催による介護セミナーを開催しました。

講師に㈱ユナイテッド代表取締役で介護事業コンサルタントの駒居義基先生をお迎えし、
訪問介護、通所介護、居宅支援事業所等、それぞれの現場で直面している行政処分と実地指導の実態を
お話しいただきました。

実地指導に向けて何よりもまず、なぜ「記録」が重要なのか?

わかってはいるものの、実はなかなか周知徹底ができていないこの「記録」という作業について、
平成27年法改正から平成30年法改正への流れを読み解きながら、その根拠を詳しく解説いただきました。

今後も厳格化していくと考えられる実地指導ではありますが、漠然とした不安を抱えるだけではなく、
事業所の事務処理を俯瞰してみるよい機会となったのではないでしょうか

黒瀬税理士事務所では、今後も気になるテーマを取り上げセミナーを開催していく予定です。
次回の開催日時は決まりしだいお知らせいたします。

相談無料
スマートフォンならタッチで電話できます
介護事業に関するご相談・お見積り・お問い合わせ
京都宇治の「黒瀬税理士事務所」まで。
フリーダイヤル
メール